脱毛クリーム

脱毛クリームの副作用が心配される成分とは?リスクを軽減させる安全な脱毛クリームの探し方

脱毛クリームを使って、初めてムダ毛処理しようと考えている方のなかにはどんな成分が入っているのか気になる人もいることでしょう。

脱毛クリームのイメージは?
  • 毛を溶かすと聞いたけど危険性はないの?
  • 副作用で肌が荒れると聞いたことがある
  • 毛が濃くなるという噂を聞いた

などのような不安を感じている人もいるようです。

お悩み女子
お悩み女子
脱毛クリームの良くない噂を知ると副作用もきになります

ここでは脱毛クリームを使ってみたいけど、副作用が心配な方のために脱毛クリームの成分やリスクを軽減させる使い方などをご紹介していきます。

本記事を読めば、副作用を気にすることなく脱毛クリームを使えるようになりますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

脱毛クリームで副作用が心配される成分

脱毛クリームは医薬部外品ですが、チオグリコール酸というタンパク質を溶かす成分が入っています。

そのため、利用方法を間違うと肌が炎症を起こしたり湿疹や肌荒れになったりすることがあります。

ここでは脱毛クリームで副作用が心配される成分であるチオグリコール酸とパラベン、エタノールについて解説していきます。

脱毛クリームにはよく使われている成分ですので、最後まで読んで参考にしてみて下さい。

チオグリコール酸カルシウム

脱毛クリームの主成分となるチオグリコール酸カルシウムはたんぱく質を分解して溶かす力があります。

そのため、たんぱく質でできている体毛を溶かすことができ、キレイに除毛することができるのです。

一方で、お肌の成分もたんぱく質なので、チオグリコール酸カルシウムの影響を受けてしまうことがあります。

基本的には厚生労働省が認めた成分なので、薬剤師なしでも買うことができる安全なものですが、人によっては合わないこともあるようです。

特に敏感肌の方はもともと肌質が弱いので、チオグリコール酸カルシウムの影響を受けやすく、塗布直後からヒリヒリしたり、肌荒れや湿疹などがでたりすることがあります。

ただ、そこまで強い刺激ではなので、適切な使い方をすれば敏感肌の人でも脱毛クリームを利用することは可能です。

スッキリ女子
スッキリ女子
カミソリで処理できない敏感肌の人には脱毛クリームはおすすめですね

パラベン

最近よく聞くようになったパラベンフリーという言葉がありますが、何のことか分かりますか?

パラペンとは

化粧品や食品、脱毛クリームなどに使われている防腐剤のことです。

正式な名前は「パラヒドロキシ安息香酸エステル」といいますが、この中にもいくつかの種類があり、総称してパラベンと明記されています。

長い間、パラベンは様々な商品の防腐剤として活躍していましたが、お肌に炎症を起こしたり、湿疹ができたりする人がいることから、パラベンフリーのものも発売されるようになりました。

しかし、もともとパラベンの毒性はとても低く、防腐剤として利用できる濃度には制限が設けられています。

そのため、とてもお肌が弱いという人ではない限り、副作用が起こる可能性はそこまで高くはないようです。

お悩み女子
お悩み女子
極度の敏感肌の方は皮膚科など医師に確認してからの使用が良さそうでしょうね

また、パラベンフリーと明記されていても、防腐剤が入っていないというわけではありません。

パラベンフリーの商品を購入する時は、パラベンの代わりに使われている防腐剤にも注意するようにしましょう。

エタノール

エタノールは殺菌作用があり、防腐剤や混ざりにくい成分同士を均一に混ぜる役割を持っています。

他にも清涼感を与えたり、洗浄作用があったりもするので様々な商品に利用されてきました。

しかし、アルコールに過敏な人がエタノール入りの商品を利用すると赤みや痒みの症状がでることがあります。

そのため、最近ではアルコールフリーとなっている商品も発売されるようになりました。

スッキリ女子
スッキリ女子
アルコールフリーを選ぶと良さそうですね

しかし、エタノールは様々な商品に利用されている成分ですので、今までに市販品で問題がなかった人はそこまで気にする必要はありません。

アルコールフリーを選んだほうがいいのは、注射の消毒用エタノールでかぶれたり、痒くなったりしたことがある人だけです。

安全な脱毛クリームを探す方法

チオグリコール酸カルシウムやパラベン、エタノールでお肌に問題が起きる人がいることが分かりましたが、ではどんな脱毛クリームなら大丈夫なのでしょうか。

下記では可能な限り安全性の高い脱毛クリームを選ぶための方法をご紹介していきます

おすすめ脱毛クリームの人気ランキング21選人に見られると恥ずかしいから、ムダ毛の処理をしたいけど……。など、脱毛に関する悩みを持つ人は意外と多いようです。...

おすすめ人気の脱毛クリーム

芸能人やモデルも愛用している人気の脱毛クリームをご紹介していきます!

moomo ムーモ

最短5分で完了!
縫って流すだけの簡単除毛

ムーモの詳しい情報はコチラ

スッキリ女子
スッキリ女子
moomo ムーモはSNSでも話題なんですよ!

使い方も簡単で、手軽に自宅で脱毛できるムーモは手軽にキレイになりたい女子の強い味方です★

moomo ムーモの詳しい情報

ムーモの使い方は?vioにも使えるか口コミ調査してみた脱毛クリーム「ムーモ」は、自宅で気軽に脱毛できる手軽さが大人気!中にはムーモでvio脱毛しようと考えている人もいるかもしれません...

口コミを確認する

脱毛クリームを購入する時は、なるべくネット上での評判を確認するようにしましょう。

Amazonなどの商品なら、購入者が使用感や問題が起こったときにレビューを書き込んでいますので参考になります。

スッキリ女子
スッキリ女子
私もネットの口コミや商品レビューを参考にしています

しかし、あまり高評価ばかりがついているレビューはヤラセである可能性があるようです。

商品の宣伝のためにメーカーがお金を払って良いレビューを書くように依頼していることもありますので、高評価ばかりではなく低評価も確認するようにしましょう。

そして、満点評価よりは少し低めのレビューだと実際の購入者の感想を読むことができます。

Amazonの評価で参考にするのなら、☆4つ~3つのものにしましょう。

成分表でパラベンとエタノールフリーを探す

最近ではパラベンとエタノールを排除した商品も販売されています。

どちらかに過敏な反応がある方は商品説明にパラベンフリーやエタノールフリーと書いてあるものを探してみて下さい。

また、最初から敏感肌用につくってある脱毛クリームも肌が弱い人にはおすすめです。

保湿成分が含まれているものを探す

脱毛クリームにはチオグリコール酸カルシウムが入っているため、お肌の保護を考えて保湿効果が入っているものがほとんどです。

美容オイルやヒアルロン酸、コラーゲン、ダイズエキスなどが一般的ですが、独自の研究による保湿成分を配合している商品もあります。

保湿成分は多いにこしたことはないので、なるべく肌をケアできる商品を選ぶようにしましょう。

副作用のリスクを軽減する脱毛後のケア

脱毛クリームにとって主成分であるチオグリコール酸カルシウムは欠くことでないものですが、多少の刺激があっても保湿成分や利用方法をしっかり守ることで副作用が起きる可能性は軽減します。

また、初めて使う脱毛クリームに対しては必ずパッチテストを行なうことでリスクを減らすこともできるでしょう。

ここでは他に副作用のリスクを軽減させる方法をいくつかご紹介していきます。

連続使用をさけて、肌を休ませる時間をつくる

脱毛クリームは効果が3日~1週間ほど持つといわれています。

人によっては目立ってきたらムダ毛処理をするという人もいますが、脱毛クリームは短期間に連続使用するとお肌へのダメージが大きくなってしまいます。

そのため、脱毛クリームの使用頻度は1週間に1回くらいにして、お肌を休ませる時間をつくるようにしましょう。

保湿クリームやローションを使ってお肌を保護する

脱毛クリームで除毛したあとは、保湿クリームやローションを使ってお肌のケアをするようにしましょう。

脱毛後のお肌用のクリームも市販されていますが、お肌に優しい保湿クリームなら専用のものでなくても大丈夫です。

このとき、脱毛クリームで影響を受けている肌はとても過敏になっていますので、こすったりせずに優しく肌に馴染ませるようにしましょう。

まとめ

脱毛クリームを利用することで起こる副作用は主に肌荒れや湿疹、炎症などであることが分かってもらえたと思います。

主成分であるチオグリコール酸カルシウムは変えられませんが、パラベンやアルコールフリーのものを選ぶことで刺激を少なくすることは可能です。

お肌が弱い方は保湿成分が多めに入っているものを選んだり、敏感肌用を購入したりすることで副作用の危険性を軽減できるでしょう。

こちらの記事もおすすめ!