家庭用脱毛器

家庭用脱毛器を種類別で解説!特徴や口コミ、メリット・デメリット

最近では高性能な家庭用脱毛器の登場で、自宅で簡単にムダ毛処理ができるようになっています。

脱毛の悩み
  • 全身脱毛したいけど脱毛サロンは高すぎる
  • 忙しくて、脱毛に通う時間がない
  • ムダ毛処理が甘くて恥ずかしい思いをした

そんな悩みを持っている方は、好きな時にムダ毛処理ができる家庭用脱毛器がおすすめです。

お悩み女子
お悩み女子
そんな家庭用脱毛器ってあるんですか?

本記事ではたくさん販売されている家庭用脱毛器の種類と、それぞれの効果や口コミをご紹介しています。

お金をかけずに、ツルツルお肌を手に入れたいと考えている方は、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

家庭用脱毛器ってどんなもの?

今までは脱毛といえばカミソリや毛抜き、脱毛クリームでのセルフ処理が一般的でしたが、肌荒れを起こしたり、チクチクした不快感と痒みがあったりと多くのトラブルがありました。

お悩み女子
お悩み女子
家庭用脱毛器で満足いく結果は得られないのでしょうか?

家庭用脱毛器はそんな肌トラブルが起きる危険性を最小限にしながら、高いお金を払って脱毛サロンに通うことなく、自宅で同じ効果のムダ毛処理ができる商品です。

ここでは家庭用脱毛器がどんなものなのか具体的に説明しながら、サロンで使う機器との違いについても解説していきます。

家庭用脱毛器の種類と期待できる効果

家庭用脱毛器はカミソリや毛抜きでおこなうムダ毛処理とは違い、脱毛サロンと同じようなツルツルお肌を体験することができます。

利用者のニーズに合わせて様々な種類の家庭用脱毛器が販売されていますが、最近の傾向では下記の3つのタイプが主流です。

レーザー方式は脱毛クリニックで使われている永久脱毛が可能な機器です。

光脱毛は主に脱毛サロンで行われている施術で、いくつかの種類がありますが、いずれも肌に優しく、毛根にダメージを与えるため毛が生えにくくなる特徴があります。

サーミコン式は生えていく毛を剃るのではなく、焼いて処理してくれる機器です。
生えてこなくする脱毛に違和感がある方や、肌へのダメージが心配な方はサーミコン式の脱毛器が向いているといえます。

いずれも、サロンやクリニックで行われている脱毛方法ですので、正しく使い続けることで、しっかりした脱毛効果が得られるでしょう。

家庭用脱毛器と業務用脱毛器の違い

家庭用脱毛器は脱毛サロンやクリニックの脱毛方法と同じですが、プロが使う機械は出力が高いため、効果を早く感じることができます。

また、レーザー方式や光方式にも細かく種類があり、サロンやクリニックではより高性能な最新の機器を使用しているようです。

施術をおこなうスタッフも専門の知識をもった人や医療従事者になりますので、性能の高い脱毛機器でもトラブルなく使うことができます。

脱毛にはどんな種類がある?最適な全身脱毛の方法選びに役立つ基本解説煩わしい自己処理から解放してくれる脱毛ですが、種類はいろいろ。その中で「自分にぴったりの脱毛方法」を見つけることが、きれいな肌を...

一方で、家庭用脱毛器は脱毛のことをよく知らない人でも使えることを前提につくられていますので、出力が弱く、様々な安全機能がついているのが特徴です。

効果が現れるまでに時間はかかりますが、使い続けることでサロンやクリニックと変わらない結果を手に入れることができます。

永久脱毛ができる【レーザー方式】

トリア、エピラEX、ヤーマンのフォトレーザーシグマなどレーザー方式を採用している家庭用脱毛器は数は少ないものの販売されています。

脱毛器トリアは効果ある?特徴と口コミ評判、正しい使い方、注意点を徹底解説ムダ毛のセルフケアでは脱毛クリームやカミソリが主流ですが、もっとしっかり本格的な脱毛がしたいという方もいるはずです。そん...

なかでも人気が高いのはアメリカで開発された脱毛器トリアです。

ここではレーザー脱毛の代表として、トリアの特徴や口コミ、メリット・デメリットを中心に解説していきます。

特徴

レーザー脱毛は毛を成長させる毛母細胞を破壊することで、毛が生えてこないようにする脱毛方法です。

メラニン色素に反応するようにつくられていますので、肌へのダメージを軽減しながら、毛量を確実に減らしていくことができます。

レーザー脱毛は効果が出るのが早いため、結果重視の方におすすめの脱毛器です。

永久脱毛の仕組みは?針脱毛とレーザー脱毛の値段を比較永久脱毛はどのような仕組みで脱毛しているのでしょうか?永久脱毛の仕組みは?針脱毛(ニードル脱毛)とは?針脱毛...

ただ、光脱毛より痛みが強いことや照射口が小さいので一度に脱毛できる面積が狭く、全身脱毛の施術は時間がかかるでしょう。

レーザー方式の家庭用脱毛器を買った人の口コミ

トリアの口コミではやはり痛みで続かなかったというものが多くありました。

一方で、男性のヒゲなどの濃い毛には、光脱毛よりレーザー脱毛のほうが効果を感じるという口コミもあります。

ヒゲ脱毛やメンズ全身脱毛の相場はいくら?ヒゲ+全身脱毛するならおすすめはどこ?メンズ脱毛の料金相場や必要回数についての詳しい情報を知りたい方へ。ヒゲ脱毛・部位脱毛・全身脱毛それぞれの相場をまとめました。 ...

脱毛前は保冷剤で冷やすなどの工夫をして、定期的に施術すればツルツルお肌を手に入れられそうです。

レーザー方式のメリット・デメリット

レーザー方式のメリット
  • ヒゲやVラインなど太くて濃い毛にも効果がある
  • 医療脱毛クリニックより安く永久脱毛ができる
  • トリアなら30日間返金保証があるため、安心して使える
レーザー方式のデメリット
  • 照射のときの痛みが強い
  • 照射口が小さく、1度に脱毛できる範囲が狭い

レーザー方式は効果が高い分、痛みは強く感じます。

特にVラインやヒゲなどのメラニン色素が密集している部位は、より強い痛みを感じる人もいるようです。

痛みに弱い人には向かない可能性もありますので、その場合は光脱毛かサーミコン式脱毛を検討してもよいでしょう。

光脱毛とレーザー脱毛の違いとは?効果の回数・メリットデメリットを徹底解説脱毛の種類には光脱毛、レーザー脱毛、自宅でできる家庭用脱毛器やワックス脱毛などがあります。その中でも、脱毛効果の持続性を期待する...

使いやすさ1番【光方式】

ケノン、レイボーテRフラッシュダブル、ツーピーエス、脱毛ラボ・ホームエデュケーションなど光方式の家庭用脱毛器は様々なメーカーから販売されています。

光方式は脱毛サロンで利用されるものと同じなので、痛みが少なく、肌を労りながら脱毛ができると人気です。

ここでは光方式の代表として、ケノンの特徴や口コミ、メリット・デメリットを中心に解説していきます。

特徴

光タイプの脱毛器は光を当てることで毛根にダメージを与えて、毛を生えにくくする脱毛方法です。

レーザー方式と仕組みは変わりませんが、フラッシュタイプの方が広範囲に照射でき、痛みも少ないといわれています。

ただ、レーザーほど確実な脱毛効果はないため、基本的には毛が生えにくくなるのであって、永久脱毛はではないそうです。

しかし、光方式の脱毛でも続けることで毛量が少なくなり、ツルツルのお肌にすることはできます。

お悩み女子
お悩み女子
永久脱毛を望んでいるなら脱毛サロンや医療脱毛クリニックの方が良いのでしょうか?
永久脱毛とは永久に生えないこと?【永久脱毛の値段】男女別まとめ永久脱毛すれば、一生ムダ毛が生えないと考えている人が少なくありません。という声もあります。永久脱毛とは?光脱...

光方式の家庭用脱毛器を買った人の口コミ

毛が薄くなった、生えてこなくなったという口コミが多くありました。

スッキリ女子
スッキリ女子
効果を実感できるのは大きなメリットですね!

効果はあるものの、脱毛効果を感じるまでに時間がかかることや、痛みについては不満の声もあるようです。

光方式のメリット・デメリット

光方式のメリット
  • 照射範囲が広いため、短時間で脱毛できる
  • レーザー方式に比べて痛みが少ない
  • サロンと同じ脱毛効果が期待できる
光方式のデメリット
  • 永久脱毛はできない
  • 脱毛効果を感じるまでに時間がかかる

永久脱毛はできませんが、毛量が少しずつ減っていくため、お手入れがラクになり、ムダ毛処理の回数も減ります

痛みに弱いという方はレーザー方式より、光方式の家庭用脱毛器がおすすめです。

肌への負担はもっとも少ない【サーミコン式】

ノーノーヘア、デピタイム、SARAIEなどが、サーミコン式を採用している家庭用脱毛器です。

サーミコン式は毛を剃るのではなく、焼いて除毛する方法ですので、即効性があり、肌に負担をかけずにムダ毛処理をすることができます。

種類は多くありませんが、レーザー方式やフラッシュ方式のように毛根にダメージを与えて脱毛することに違和感がある人に人気です。

ここではサーミコン式の代表として、ノーノーヘアの特徴や口コミ、メリット・デメリットを中心に解説していきます。

特徴

サーミコン式の家庭用脱毛器は肌の表面から出ているムダ毛を熱線を使って焼き切ることで処理をします。

カミソリのように肌の表面まで削ることがありませんので、ダメージが少なく、毛を焼くため、断面が丸くなり生え始めのチクチク感がありません

スッキリ女子
スッキリ女子
そんなに大きなメリットがあるんですか!

レーザー方式やフラッシュ方式のように毛根にダメージを与えるわけではないので、継続しても毛量に変化はありませんが、即効性があるムダ毛処理方法になります。

サーミコン方式の家庭用脱毛器を買った人の口コミ

サーミコン式のノーノーヘアとレーザー方式や光方式の家庭用脱毛器を併用している方もいるようです。

レーザー方式や光方式には即効性がないため、生えなくなるまではノーノーヘアで処理をするのは効率的な使い方かもしれません。

光脱毛とレーザー脱毛の違いとは?効果の回数・メリットデメリットを徹底解説脱毛の種類には光脱毛、レーザー脱毛、自宅でできる家庭用脱毛器やワックス脱毛などがあります。その中でも、脱毛効果の持続性を期待する...

ノーノーヘアで処理をすると毛先が丸くなるため、生え始めのチクチク感が軽減したと満足する口コミも多くありました。

スッキリ女子
スッキリ女子
生え始めの不快感が無いのはいいですね!

サーミコン式のメリット・デメリット

サーミコン式のメリット

サーミコン式のデメリット
  • 使い方にコツが必要なため、慣れるまで時間がかかる
  • 凹凸のある部位への使用は難しい
  • 毛根に影響を与えないので、継続的なムダ毛処理が必要
  • 毛を焼く時に独特のニオイがする

サーミコン式は熱線がムダ毛を焼き切るスピードに合わせながら動かしていくように使います。

カミソリ処理に慣れている人は機械の処理スピードに合わせたり、本体を傾けすぎないように注意したりする点が難しく感じる人もいるようです。

お悩み女子
お悩み女子
慣れるまでは扱いが難しそうですね

また、サーミコン式は脱毛ではなく除毛ですので、基本的に毛量が変わることはないため、定期的なムダ毛処理は必要になります。

お悩み女子
お悩み女子
ムダ毛処理が必要なら、やっぱり脱毛サロンや医療脱毛クリニックで全身脱毛した方がよさそう?
脱毛にはどんな種類がある?最適な全身脱毛の方法選びに役立つ基本解説煩わしい自己処理から解放してくれる脱毛ですが、種類はいろいろ。その中で「自分にぴったりの脱毛方法」を見つけることが、きれいな肌を...

まとめ

家庭用脱毛器には種類があり、それぞれに特徴と効果が違うことが分かってもらえたと思います。

痛みについてもレーザー脱毛と光脱毛では感じ方が違ってきますので、自分なりに脱毛器に何を期待するのか考えてから探すようにしましょう。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに比べると家庭用脱毛器の出力は劣りますが、続けていくことで効果は得られます。

最近の家庭用脱毛器は高機能揃いですので、ぜひ自分に合った1台を探してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ!