全身脱毛

脱毛にはどんな種類がある?最適な全身脱毛の方法選びに役立つ基本解説

煩わしい自己処理から解放してくれる脱毛ですが、種類はいろいろ。

その中で「自分にぴったりの脱毛方法」を見つけることが、きれいな肌を手に入れる近道です。

まずは、医療レーザー脱毛や光脱毛、家庭用脱毛器など、さまざまな種類がある脱毛の特徴を知りましょう。

ヤグレーザーやダイオードレーザー、IPL脱毛SHR脱毛など、同じレーザー脱毛・光脱毛でも何が違うのかなど、脱毛の種類について解説します。

医療脱毛クリニックと脱毛サロンの違いは何?

医療脱毛クリニックと全身脱毛サロンの違いは、使用している脱毛マシンの違いです。

脱毛マシンは、レーザーや光を使って毛根にダメージを与え、毛が生える力を弱らせることができます。

脱毛マシンによって出力が異なるため、効果の出方や施術に必要な回数、期間が変わります。

医療脱毛クリニックで使用しているマシンはレーザー脱毛と言って、毛根を破壊する脱毛マシンを使用しています。

毛根を破壊するほどの力を持っているマシンなので、痛みはありますが効果が早く出ます。

医師が在籍するクリニックのみで使用することができます。

スッキリ女子
スッキリ女子
 医師がいるのが医療脱毛クリニックですね

脱毛サロンで使用しているマシンは光脱毛と言って、レーザーよりもパワーの低いマシンを使用しています。

レーザー脱毛に比べると脱毛完了までに時間がかかりますが、しっかり脱毛効果はあります。

光脱毛の中にも、さらに複数のマシンがあります。

>>光脱毛とレーザー脱毛の違いについて

4種類の全身脱毛のメリット・デメリット

全身脱毛をするには、レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛、家庭用脱毛機を使った4つの方法がある

全身脱毛をする方法は実はいくつもあります。

それぞれ特徴があって違うもので、このうちどれを選ぶかによって費用やかかる時間はかなり変わります。

スッキリ女子
スッキリ女子
 マシンによって脱毛料金や時間も変わってくるんですね!

全身脱毛は安くなったとはいえ簡単に契約できるものではないので、これらの脱毛方法の違いをしっかり理解しておく事は大切です。

では簡単に特徴をつかんでみましょう。

永久脱毛したいなら「医療レーザー脱毛」

医療レーザー脱毛は少ない回数でも脱毛を完了できる

医療レーザー脱毛は作用が強力で、永久的な脱毛効果が得られます。

少ない回数でも通えば脱毛を完了できるという特徴があります。

VIOを含むボディも顔も
全身の脱毛ができます

時間をかけず、効率的に確実に全身脱毛をしたい人に向いている脱毛方法です。

デメリットは、痛みがかなりある点と、熱による肌への負担が大きいため毛嚢炎や赤みなどの肌トラブルのリスクがあることです。

お悩み女子
お悩み女子
 脱毛効果が高い分トラブルの可能性も高くなるんですね

こうした事もあり、この方法を採用できるのは医師や看護師がいる医療機関だけとなっています。

それでレーザー脱毛はよく「医療脱毛」と呼ばれることがあります。料金も高い傾向にあります。

>>予約が取れる医療脱毛レーザーは?

医療脱毛の種類

医療脱毛で使われるレーザーには、ヤグレーザー、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーの3種類があります。

レーザーの種類別の特徴と代表的な脱毛機です。

特徴代表的な
脱毛機
ヤグ
レーザー
剛毛が得意、痛み強いジェントルヤグ
アレキサンド
ライトレーザー
太い毛が得意、美肌効果ジェントルレーズプロ
ダイオード
レーザー
太い毛〜細い毛までOKライトシェアデュエット

他にも、ヤグレーザーとアレキサンドライトレーザーの2種類のレーザーを使ったハイブリット脱毛機もあります。

代表的な脱毛機
ジェントルマックスプロ、クラリティツイン

医療レーザー脱毛機から照射されるレーザーには黒い色素に反応するという性質があり、それが毛根に作用して毛母細胞を破壊します。

毛母細胞が破壊されることで毛を生えさせなくするというのが、レーザー脱毛の仕組みです。

最近では、低めの温度のレーザーを使った、痛みが少ない蓄熱式のダイオードレーザー脱毛機も登場しています。

>>メディオスターネクストプロの脱毛効果について

手軽で痛みが少ない「光脱毛」

痛みが少なく、料金がリーズナブル、肌への負担も少ない

光脱毛は多くの脱毛サロンで採用されている脱毛方式です。

光による熱などの作用で脱毛効果を得ます。

レーザー脱毛ほど強力な熱エネルギーではないため、痛みが少なく、肌への負担も少なく脱毛ができます。

光脱毛はVIOを含むボディも顔も、全身に照射ができますが、サロンによっては照射できない部位があることもあります。

肌が弱い人や、痛みに不安のある人に向いている脱毛方法です。

デメリットは、効果がレーザーよりは低くなり、通う回数も多めになります。

お悩み女子
お悩み女子
 医療脱毛に比べると脱毛効果は低いけれど肌への負担も低いんですね

料金がリーズナブルであったり、店舗数が多いなど、通いやすい点も光脱毛の魅力です。

>>脱毛サロンおすすめランキング

光脱毛の種類

光脱毛には大きく分けて、IPL脱毛SSC脱毛SHR脱毛の3種類があります。

光脱毛の種類別の特徴と代表的な脱毛サロンです。

特徴代表的な
脱毛サロン
IPL脱毛脱毛効果が最も高い銀座カラー
キレイモ
シースリー
SSC脱毛ジェルによる美容効果があるミュゼ
脱毛ラボ
SHR脱毛痛みがほぼなく、毛質肌質を問わないストラッシュ

光脱毛は、レーザー脱毛に比べて痛みが少ないとはいえ、太い毛の脱毛が得意なIPL脱毛だと痛みはあります。

光脱毛は痛みと脱毛効果が比例しています。脱毛効果が高いほど、痛みも強くなるのです。

それは、毛の黒い色素に光を反応させ、熱で毛根にダメージを与えるから。

ただ、毛が細くなっていけば痛みも減っていきます。

痛みがどうしても苦手な場合は、弱い熱を蓄熱して毛を生やすシステムにダメージを与えるSHR脱毛がよいでしょう。

毛の太さも、毛の成長段階(毛周期)も関係なく脱毛効果が得られる新しい光脱毛です。

確実に毛根を破壊する「ニードル脱毛」

ニードル脱毛は「美容電気脱毛」とも呼ばれる脱毛方法です。

毛穴から毛根を組織ごと取り除くことで脱毛効果が得られます。

仕組みはレーザーや光とは違って電気を流して発毛に関わる組織にダメージを与えて脱毛するという方法です。

毛穴に細い針のようなものを挿入し、そこに電気を流すことで、毛穴の中で化学反応を起こして脱毛をします。

ニードル脱毛は効果が極めて高く、一度処理した毛穴からは毛が再生しないと言う特徴があります。

また処理したその場で毛が無くなるので即効性を感じやすいというメリットもあります。

さらに歴史が長く、100年以上も行われてきた実績があるので安心感もあります。

脇やVIO、眉毛など細かな部位を確実に脱毛することを得意とする脱毛方法です。

ただ、痛みがかなり強いという点が大きなデメリットで、料金も高額な上、毛を1本1本処理していく方法は、全身脱毛などの広い範囲の脱毛にはあまり向いていません。

施術を提供しているサロン自体も、少ないのが現状です。

手軽だけど限界がある「家庭用脱毛器」

部分脱毛では良いとしても全身脱毛となるとセルフで行うには限界がある

家庭用脱毛器は、自宅で手軽に光脱毛ができるように開発されたマシンです。

以前は出力が脱毛サロンほどではない、と言われていましたが、最近では脱毛サロンと同等の出力を出せるものも登場しています。

本体を購入してカートリッジが使い終わったら新しいカートリッジと交換して使い続けます。

使い方にもよりますが、コスパは良いほうです。

ただ部分脱毛では良いとしても全身脱毛となるとセルフで行うには限界があります

背中やうなじ、腰など照射しにくい部位は照射漏れや肌トラブルのリスクがあります。

VIOに使える家庭用脱毛器が少ないのも、ややマイナス点です。

ただ、通う時間がなかなかない、サロンは恥ずかしいなどの理由や、まずは腕や足など見える部分の脱毛を試してみたいという人には、家庭用脱毛器は始めやすい脱毛方法です。

>>家庭用脱毛器ケノンの効果や口コミについて

【結論】全身脱毛に一番良い方法はどれ?

せっかく全身脱毛をするなら、仕上がりの良さや安全性は重視したい部分。

さらに金銭的なコスパ、時間的なコスパも考慮すると、脱毛サロンやクリニックでの全身脱毛がもっともおすすめです。

>>全身脱毛の選び方について

ニードル脱毛や家庭用脱毛器は部分脱毛向けだと言えます。

全身脱毛の
無期限メンテナンス付き
6回コースで
満足いくまで通えます

銀座カラーの
無料カウンセリングはコチラ

脱毛サロン
同じくらいの手軽さで
通える医療レーザー脱毛

レジーナクリニックの
無料カウンセリングはコチラ

このあとの、光脱毛と医療レーザー脱毛の違いも参考にしてくださいね。

全身脱毛にはどれくらい費用がかかるの?

全身脱毛にかかる費用は、
光脱毛だと26〜30万円(18回)
医療脱毛だと30万円(5回)

光脱毛も医療脱毛も、かかる費用は30万円前後です。

どちらも、月々1万円前後の支払いで通うことができると考えておいて良いでしょう。

1回あたりの金額は、脱毛サロンに比べてクリニックの方が高いですが、光脱毛は回数が多く必要になるので、結果的にかかる費用はあまり変わりません。

ただ、脱毛サロンはキャンペーンを実施しているところも多く、また通い放題プランがあるサロンもあるので、うまく利用することで実際にはもっとコストを抑えることも可能です。

>>全身脱毛の料金を追加料込みで知りたい

全身脱毛を完了するにはどれくらい期間がかかるの?

光脱毛だと15回~18回(2年~3年)
医療脱毛だと5回~8回(1年~2年)

全身脱毛の完了、といっても、どれくらいのレベルで完了するかにもよります。

多くの方は、自己処理が不要のツルツルのお肌になりたい!と思う方も多いと思いますが、
ツルツルになりたい場合は、光脱毛だと15回~18回(2年~3年)、

医療脱毛だと5回~8回(1年~2年)と言われています。

ツルツルにしなくても、自己処理不要なくらいでいいというのであれば、光脱毛は10~12回(1年半~2年くらい)、

医療脱毛の場合は、多くが5回の契約コースとなるので、1年くらいで完了するでしょう。

>>脱毛サロンで効果が出る回数について

光脱毛の場合、8回以下の脱毛だと「毛が減ってきた程度」なので、満足する人はあまりいないようです。

光脱毛医療脱毛
クリニック
脱毛回数
1~5回
あまり効果は見られない1回で効果が現れることも。
5回だと少し毛が残る
脱毛回数
8回~10回
毛が減ってきたと感じる、自己処理の回数が減る8回程度でツルツルに
5回~8回で
脱毛完了
脱毛回数:12回~18回自己処理不要でツルツル

>>医療脱毛の脱毛ペースについて

医療脱毛の痛さってどれくらい?そもそも脱毛は安全なの?

VIOや脇などの毛が太いところは、熱いハリを刺された、という感じ

医療脱毛は期間が短くて済むので最近特に人気があります。

ただ、「痛み」が一番のネックですよね。

お悩み女子
お悩み女子
 医療脱毛が気になるけど痛さがどのくらいなのか不安です

痛みとしては、ゴムでバチンとはじかれた痛み、と表現する方が多いのですが、個人としては、もっと痛いです。

特に、VIOや脇などの毛が太いところは、熱いハリを刺された、という感じです。

>>VIO脱毛の痛みについて詳しくはコチラ

そのため、麻酔を用意している脱毛サロンが多いのですが、なぜか、麻酔の使用には積極的ではない医療脱毛クリニックが多いようです。

医療脱毛のポイント

麻酔を使用しているクリニックもある

痛みの程度が知りたい、という方は、カウンセリングを予約して、テスト照射を受けてみることをオススメします。

医療脱毛クリニックでの脱毛は痛すぎて、途中で契約を解約した、という方もいらっしゃいます。

痛みは不安だけど、医療脱毛をしたいなら、レジーナクリニック!

痛みが少ない蓄熱式のダイオードレーザー脱毛機「ソプラノアイスプラチナム」を導入しています。

また、脱毛自体、安全なことなの?と思う方もいらっしゃると思いますので、気になる方はコチラも参考にしてみてくださいね。

どこの脱毛サロン、医療脱毛クリニックがいい?

具体的に、どこの脱毛サロン医療脱毛クリニックがいいか悩んでいる、料金などが知りたい、という人は以下のページを参考にしてみてくださいね!

>>はじめての人におすすめサロン・クリニック情報

まとめ

脱毛の種類は医療脱毛、光脱毛、ニードル脱毛、家庭用脱毛器があり、それぞれ特徴やメリット、デメリットがあります。

ただ、これから全身脱毛をしたい!という人には、医療脱毛もしくは光脱毛を強くおすすめします。

時間的にも金額的にもコスパがよく、安全性も効果も安心だからです。

どうしても脇だけは!膝だけは!などのピンポイントの脱毛にはニードル脱毛、

まずは手軽に自宅で顔や腕、足の脱毛をと考えている人には家庭用脱毛器もよいでしょう。

目的に合わせて、自分に最適な全身脱毛の方法を見つけてくださいね。

こちらの記事もおすすめ!
全身脱毛

全身脱毛安いおすすめランキング!脱毛範囲や早く脱毛完了するには?安いのはなぜ?を徹底解説

2021年10月10日
脱毛サロンや医療脱毛クリニックをわかりやすく紐解く【脱毛ランキング窓ロ】
全身脱毛するなら安いのはもちろんのこと、効果がある脱毛サロンや医療脱毛を選びたいですね。でも脱毛サロンの料金体験は複雑な事が多く、さ …